過疎地の人が利用しやすい合宿免許

そもそも、なぜ合宿免許が生まれたかと言うと、周囲に自動車教習所がない地域が多かったからです。
自動車教習所は広い面積が必要なため、どこでも開設できるわけではありません。
どうしても、利用者が多い都心部などの比較的大きな都市の郊外地にできやすく、山里は慣れている人々や離島などの過疎地ではあまり自動車教習所を受けるところがありません。
しかし、本来ならばその過疎地の人々こそ、自動車を必要としています。
というのも、過疎地では交通機関が発達していないからです。
そのため、通勤通学はもちろん買い物に出かけるのにもすべて自動車を頼りにしている依存率が高いのです。
一家に一台は当然のこと、一人に一台と言う地域もあるのです。
それは決してお金持ちと言うことではなく、そうしないと生活が成り立っていかないことが多いからです。
そのため、都会よりも過疎地のほうが自動車免許を必要としている割合が非常に高いです。
それなのに近くに自動車教習所がありません。
そこで活躍するのが合宿免許というわけです。
合宿免許ならば自動車教習所の近くに宿泊施設を用意してくれています。
そのため、受講日に毎回自宅から遠くにある自動車教習所に通うこともありません。
たとえば、自宅から100km先に一般の自動車教習所、500km先に合宿免許の自動車教習所があるとしたら、断然合宿免許のほうがオススメです。
100kmを往復するだけでも体力と交通費を消耗していき決して賢い選択だとは言えません。
でも、合宿免許なら宿泊施設のすぐ近くなので体力を浪費しませんし、宿泊代はかかるものの交通費に比べれば安いケースも多くあります。
また遠くへ出かけるということで、小さな旅行気分を味わえると言う特典付きです。
このように、自動車免許がどうしても必要だけど、周囲に自動車教習所がないと嘆いているとき合宿免許の存在は大きな助けになることは間違いありません。
実際に、過疎地の多くの人々がこの合宿免許を利用しているのです。